« 早寝早起き朝ごはん | トップページ | 概日リズムと概年リズム »

2009年7月 6日 (月)

古来の知恵

宇宙の中の地球の上に生まれた生命は、その環境に適応して時計遺伝子を獲得しました。この遺伝子が人間にも影響を与えています。

数十億年の進化の過程で獲得した時計遺伝子とそれが生み出す生体リズム、――これは人間にあっても生命活動の基本的なコンディションを左右しています。

例えば、朝起きて夜眠る一日24時間に対応した生活のリズムがあります。また「春眠暁を覚えず」のように古の文学にも知られている、一年の季節に対応した心身のリズムがあります。

これは余りにも当然のこととして、あらためて興味を引くことではないかもしれません。しかし、これが学業やスポーツの成績と関係しているとなると話は違うでしょう。

古より,人類はこのことを知っていました。それがこのブログの最初のテーマです。

« 早寝早起き朝ごはん | トップページ | 概日リズムと概年リズム »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古来の知恵:

« 早寝早起き朝ごはん | トップページ | 概日リズムと概年リズム »