« 概日リズムと概年リズム | トップページ | ラスコー洞窟の壁画は先史時代の天文学!? »

2011年10月28日 (金)

Webアクセスも生体リズムの活動力の高くなるタイミングで行われる

生体リズムは地球環境で生きるために獲得した生物の基本能力ですから,活動期には情報処理能力も高くなるのは自然なことです.わたしは,概年リズムと概日リズムの組み合わせで生じる周期が,Webアクセス数やメールに対する反応率に影響を与えていることを,データによって確認しました.これは,生命の基本的な能力ですから脳の活動が関係しています.ですから,インターネット上での情報通信の技術に活かせるだけでなく,心身の健康やスポーツ選手のコンディション,さらにはドライバーの注意力の予測など,応用分野は非常に多岐にわたります.近い分野の研究者の方で興味を感じられた方がいらっしゃいましたら,コメントをいただけますでしょうか?

« 概日リズムと概年リズム | トップページ | ラスコー洞窟の壁画は先史時代の天文学!? »

スポーツ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514317/53103830

この記事へのトラックバック一覧です: Webアクセスも生体リズムの活動力の高くなるタイミングで行われる:

« 概日リズムと概年リズム | トップページ | ラスコー洞窟の壁画は先史時代の天文学!? »